開催競技 (正式競技)

馬術

馬術 国体では馬場馬術競技と障害飛越競技の2種目が行われます。
馬場馬術競技とは、馬場内を3種の歩き方[常歩(なみあし)・速歩(はやあし)・駈歩(かけあし)]でさまざまな運動を演じるものです。前進、停止、後退をしたり、斜め、円形、波形に馬を進めることで、馬の調教レベルと騎手の技量を競います。
障害飛越競技では、高さや幅、色彩、形状の異なる障害物をミス無く飛び越していくことを競います。障害物のバーの落下や、障害物前での拒否などの過失があると減点になります。
運動するためのエネルギーの役割となる馬と、そのためのリズムとバランスを与える役割を果たす騎手の、人馬一体となった妙技が見ものです。

■競技会会期

種別 市町名 9月 10月
29
(土)
30
(日)
1
(月)
2
(火)
3
(水)
4
(木)
5
(金)
6
(土)
7
(日)
8
(月)
9
(火)
全種別 山県市            


■競技会場はこちら
■正式競技一覧に戻る