ニュース&トピックス(共通)

ぎふ清流国体・ぎふ清流大会カウントダウンイベント 清流リレー2010~ヤマリンからミナモへ~

2010年07月22日

 ぎふ清流国体の総合開会式の800日前、冬期競技として開幕するスピードスケート競技の555日前という節目の日にあたる7月22日 木曜日、岐阜メモリアルセンターにおいて「ぎふ清流国体・ぎふ清流大会カウントダウンイベント 清流リレー2010~ヤマリンからミナモへ~」を開催しました。

 


【プロローグ】
 県立岐阜商業高校の吹奏楽部の演奏、岐阜高校音楽部と会場全員による「岐阜県民の歌」の斉唱に続いて、実行委員会会長の古田知事から天皇杯・皇后杯獲得への熱い想いが語られ、大きな盛り上がりの中、イベントがスタートしました。

 

【全国豊かな海づくり大会からの引き継ぎ】
 全国で初めて「河川」を舞台に開催し大成功をおさめた「第30回全国豊かな海づくり大会 ~ぎふ長良川大会~」からの引き継ぎが行われました。
 海づくり大会から「ヤマリン」と「未来の案内人」が、ぎふ清流国体・大会からスポーツが大好きで、両大会を盛り上げてくれる「子ども応援リーダー」がミナモと一緒にステージに登場し、清流への想いを込めたメッセージと両大会に向けた力強い応援宣言が交わされました。


【ぎふ清流国体・ぎふ清流大会 応援スーパーリーダー委嘱】
 国体・大会ソング「はばたけ、未来へ」の合唱後、「ぎふ清流国体・ぎふ清流大会 応援スーパーリーダー」の委嘱式が執り行われました。
 シドニー五輪金メダリストの高橋尚子さん(ビデオ出演)、元スピードスケート ショートトラック五輪代表の勅使川原郁恵さん、元スノーボード ハーフパイプ五輪代表の中島志保さん、パラリンピックに出場し、現役で活躍されている田中照代さんといった県出身のトップアスリートの方々に「ぎふ清流国体・ぎふ清流大会 応援スーパーリーダー」に就任いただきました。
 就任された皆さんには、これから両大会を大いに盛り上げていただきます。

 

【カウントダウンボード点灯】
 ぎふ清流国体の開会式までの残日数を表示する2つのカウントダウンボードを披露しました。
 このカウントダウンボードは、岐阜メモリアルセンターと岐阜県庁に設置され、県民の皆さんに国体・大会の開催が近づいていることを感じていただきます。

 

【めざせ!天皇杯・皇后杯】
 「第20回岐阜国体」で天皇杯・皇后杯を受領された丹羽清さん(棒高跳び高校男子の部 優勝)、河田淳子さん(ホッケー一般女子の部 優勝)から天皇杯・皇后杯を受け取ったときの感動と喜び、その重みがぎふ清流国体の選手・関係者に伝えられました。
 また、昨年の新潟国体で優勝された三浦恵子さん(ホッケー成年女子の部)、角沙織さん(弓道少年女子の部)と、新潟での全国障害者スポーツ大会の立幅跳・ジャベリックスローで優勝された楠田真之さんから国体・大会に向けた目標と意気込みが語られ、天皇杯・皇后杯獲得への決意を新たにしました。

 

【必勝のエール】
 選手、競技団体、県民の方々が一致団結して天皇杯・皇后杯を獲得することを誓うために、県体育協会 田口義嘉壽会長のエールに続き、来場者全員の「頑張ろう!」三唱が会場全体に響き渡りました。

 

【エンディング】
 ヤマリン、やなな、うながっぱといった県内で人気のマスコットキャラクター16体と千葉国体のチーバくんが登場し、ミナモと恩田莉津子先生、ミナモキッズのリードのもと、来場者1200人によるミナモダンスで会場が一体となり、カウントダウンイベントのフィナーレを飾りました。

 

 

 

《ゆるキャラと体験!デモスポ・障スポ》

 ふれ愛ドームに会場を移し開催した第2部「ゆるキャラと体験!デモスポ・障スポ」では、国体会期中に行われるデモスポ行事(デモンストレーションとしてのスポーツ行事)とぎふ清流大会で行われる障がい者スポーツ競技を、子どもたちとマスコットキャラクターが一緒に楽しく体験しました。

古田知事の挨拶の様子

古田知事挨拶 

 

 子ども応援リーダーと未来の案内人

「子ども応援リーダー」と「未来の案内人」

 

 ヤマリンとミナモ

ヤマリンからミナモへ

 

 ぎふ清流国体・ぎふ清流大会応援スーパーリーダーの方々

ぎふ清流国体・ぎふ清流大会

応援スーパーリーダー

 

 カウントダウンボードの披露

カウントダウンボードの披露

 

 天皇杯・皇后杯への想いが引き継がれる

引き継がれる天皇杯・皇后杯への想い

 

 必勝エールで決意を新たに!

必勝エールで決意を新たに!

 

 1200人のミナモダンス

1200人のミナモダンス

 

 ゆるキャラと体験!デモスポ・障スポの様子

「ゆるキャラと体験!デモスポ・障スポ」