ニュース&トピックス(共通)

ぎふ清流国体恵那市実行委員会 第2回総会・総決起大会を盛大に開催!

2010年08月26日

  「響き渡れ!小さな想いを、大きなうねりに」をテーマに、8月20日恵那文化センターにて、ぎふ清流国体恵那市実行委員会主催の「第2回総会・総決起大会」が約650名の方の参加により盛大に開催されました。

 

  総決起大会では、恵那市在住で音楽活動をされている加藤規子さんによる、「はばたけ、未来へ」の独唱で始まり、大井、二葉、東野各幼稚園児とナルコ踊り「ラッセル恵那 風」「おどろ舞華・林」「BTO」の総勢80名がPRキャラバン隊「チームミナモ」と一緒にミナモダンスを踊り会場を盛り上げました。


  続いて、恵那市の国体ボランティアとして募集した「ミナモ・エナジークラブ」の中から5名の方に国体に向けて一言ずつ想いを語っていただきました。「恵那市の国体にボランティアとして参加したい」という伊藤幸二さん、「輝け はばたけ だれもが主役」の合言葉が好きな大竹隼君や「ミナモちゃんと一緒に頑張りたい」という中根夢乃さんなどそれぞれの想いを話していただきました。
  「ミナモ・エナジークラブ」は8月20日現在、恵那市内で96名の方に登録していただいています。


  恵那市で開催されるスピードスケート競技と弓道競技の紹介もあり、スピードスケートでは、中京高等学校のスケート部の皆さんによるトレーニング実技と、実際の国体映像による競技の紹介。弓道では、弓道スポーツ少年団の4名と県弓道連盟の3名による演武の披露があり、その迫力に会場から大きな拍手が送られました。


  大井、大井第二スポーツ少年団から国体成功に向けて「頑張ろう!!」の発声の後に会場の全員で「オウ!」と繰り返し、国体に向けて志気を高めました。


  総決起大会の閉めとして中山太鼓保存会の皆さんに中山太鼓を披露していただき、「そりゃ!」「こりゃ!」と会場全員で声を出しながら花飾りを振ったりと、最後は国体成功に向けて会場一人ひとりの想いが大きくなっていきました。      

 加藤規子さんによる「はばたけ、未来へ」の独唱

加藤規子さんによる「はばたけ、未来へ」の独唱

 

 元気にミナモダンスを踊る子どもたち

元気にミナモダンスを踊る子どもたち

 

 「ミナモ・エナジークラブ」に登録された5人の方々

 「ミナモ・エナジークラブ」に登録された5人の方々

 

 高校生によるトレーニングの様子

高校生によるトレーニングの様子 

 

 10m先の的に向かって弓を引いています

10m先の的に向かって弓を引いています

 

 少年団のエールに答える会場の皆さん

少年団のエールに答える会場の皆さん

 

 中山太鼓保存会の皆さんによる中山太鼓の披露

中山太鼓保存会の皆さんによる中山太鼓の披露