ニュース&トピックス(共通)

国体に向けた新たな産品開発研究報告会に行ってきました!

2010年10月13日

 岐阜県では、「ぎふ清流国体・ぎふ清流大会」に全国から参加される選手、監督、応援団にオリジナル農水産物や工業品で『おもてなし』をするため、県の試験研究機関と生産者団体や企業などが一体となり、新しい花、食材、食器などの研究を行い、新たな地域ブランドとなるような産品づくりを進めています。

柿柿 苺苺 カジカカジカ

 これらの研究成果の発表会が10月7日 木曜日に岐阜県農業技術センターで行われました。
 今研究されているものは、岐阜県オリジナル品種の花、夏秋イチゴ、早生カキ、クリ、カジカ、豚肉、陶磁器です。
 今まで取り組んできた中で、様々な課題を解決しながらさらに良いものを2年後の国体を一つのめどに作り上げようと取り組んでいるその過程が分かりやすく発表されていました。

ミナモと栗

     栗の渋皮がぽろっとむけるよ

ミナモと肉

    どんどん工夫されているなあ

 この研究報告会では、実物や試食もあり、参加した人は各ブースにいる担当の方に熱心に質問したり、味わったりしながら研究成果を確かめていました。
 2年後には、これらのものも含めていろいろな面から心をこめておもてなしができるといいと思いました。