ニュース&トピックス(共通)

「おもてなし料理・菓子コンテスト」応募作品が郡上市の学校給食メニューになりました!

2011年02月01日

  昨年10月に行われた「おもてなし料理・菓子コンテスト」のアマチュア部門に応募された、郡上高校1年生武藤麻由さんの作品『みそ入りビビンバ』が、郡上市と郡上市大和給食センターの協力で、1月28日の給食メニュー『ビビンバ地みそ入り』として登場しました。

 郡上市内の5つの学校で出され、今回は郡上市大和北小学校2年生の給食時間にミナモが取材に行きました。

 

 ビビンバは学校給食でも子供たちに人気があります。郡上味噌を使い、オリジナルメニューのなすとみょうがの代わりに地元のもやしときゅうり、にんじんを入れて、小学生でも食べやすくアレンジされていました。この給食を2年生の子供たちは、「みその味がする!」「きゅうりがシャキシャキしておいしい。」などと言いながら、うれしそうに食べていました。

 お昼の校内放送で紹介されるメニューの説明も聞きながら、みんなじっくり味わって食べました。毎月配られる給食献立表にも紹介されていたので、各家庭でも作ってもらえるといいなと思いました。

 

 給食の後は、郡上高校におじゃましました。教室では1年生みんながミナモを待っていてくれました。武藤さんがこのメニューを考えたきっかけは、ビビンバはボリュームもあり、好きだから作ってみようと思ったのだそうです。給食に採用されてうれしいし、もし今後このようなコンテストがあったら、また応募してみたいと答えてくださいました。

 

 これからも、地元の人が考えたメニューが給食などにどんどん使われるといいです。

 

 ※活用された応募レシピはこちらから(PDF:143KB)

 

2年生の前のミナモ

給食の取材に来ました

給食センターの方とミナモ

わぁ、おいしそう

給食の様子

明宝フランクもありました

教室の様子

モリモリ食べてね

郡上高校1年生のみなさんとミナモ

郡上高校1年生のみなさんと

『ビビンバ地みそ入り』(給食版)

『ビビンバ地みそ入り』

       (給食版)

栄養教諭の古田先生とミナモ

栄養教諭の古田先生と一緒