ニュース&トピックス(共通)

「おもてなし料理・菓子コンテスト」応募作品が羽島市の学校給食メニューになりました!

2011年03月01日

  昨年10月に行われた「おもてなし料理・菓子コンテスト」のアマチュア部門に応募された、東海学院大学3年生大野千聖さんの作品『豚ひき肉とチーズのピリ辛ビビンパ丼』が、羽島市と羽島市北部給食センター、羽島市南部給食センターの協力で、2月22日の給食メニュー『羽島のれんこん入りビビンパ丼』として登場しました。羽島市内の9つの小学校と5つの中学校、1つの幼稚園で出され、今回は羽島市立竹鼻小学校1年生の給食時間にミナモが取材に行きました。 

 

このメニューは、今が旬である羽島のれんこんが使ってあるレシピだったことと、ビビンパは子供たちにも親近感のある味で喜んで食べてくれそうだ、ということで採用されたそうです。

 

 当日は、大野さんも竹鼻小学校に来てくださいました。ミナモも給食の時間に1年生がとてもおいしそうに『羽島のれんこん入りビビンパ丼』を食べているのを見て、みんなに喜んでもらえてよかったと思いました。

 

 これからも、地元の人が考えたメニューが給食などにどんどん使われるといいです。

 

※活用された応募レシピはこちらから(PDF:149KB)

羽島のれんこん入りビビンパ丼 

『羽島のれんこん入りビビンパ丼』 (給食版)

 

感想を聞くミナモ

  おいしかったですか?

教室の様子

これからもいっぱい食べてね 

 コンテスト応募者の大野さん(左)

今回作品が採用された大野さん(左)

 栄養教諭の田中先生

栄養教諭の田中先生と一緒に