ニュース&トピックス(共通)

「おもてなし料理・菓子コンテスト」応募作品が飛騨市の学校給食メニューになりました!

2011年03月01日

 昨年10月に行われた「おもてなし料理・菓子コンテスト」のアマチュア部門に応募された、神岡中学校2年生橋本茉歩さんの作品『ふわふわ!!卵のトマトチーズ丼』が、飛騨市と古川国府給食センターの協力で、2月22日の給食メニューとして登場しました。飛騨市内の3つの小中学校と4つの保育園で出され、今回は飛騨市立古川小学校2年生の給食時間にミナモが取材に行きました。

 

 卵とチーズに県産のトマトを加えることで、野菜が苦手という人も食べやすく、しかもどんぶりなので食も進みます。2年生のみんなは、「チーズと卵とトマトがよく合う!」「お店に出してもいいくらいおいしいです。」などと言いながら食べていました。この日は、メニューを考えてくれた橋本さんもミナモと一緒に感想などを聞いていました。橋本さんは好きなトマトを使ったメニューが給食になって、驚いているけれどうれしい、これからも機会があれば作っていきたい、と話してくれました。

 

 給食の後は、神岡中学校におじゃましました。橋本さんがいる2年生みんなでミナモを迎えてくれて、うれしかったです。

 

 これからも、地元の人が考えたメニューが給食などにどんどん使われるといいです。

 

※活用された応募レシピはこちらから(PDF:160KB)

 ふわふわ!!卵のトマトチーズ丼

『ふわふわ!!卵のトマトチーズ丼』 (給食版)

 メニューを考えた橋本さん

メニューを考えた橋本さん

 感想を聞くミナモ

みんな、おいしいですか?

 

神岡中学校2年生とミナモ

神岡中学校のみなさん

 2年生とミナモ

2年生4クラスともモリモリ食べていました