ニュース&トピックス(共通)

「おもてなし料理・菓子コンテスト」応募作品が大垣市の園給食メニューになりました!

2011年03月04日

 昨年10月に行われた「おもてなし料理・菓子コンテスト」のアマチュア部門に応募された、大垣北高校1年生松葉稔弘さんの作品『小松菜のまぜごはん』が、大垣市内の幼保園と保育園で、3月2日の給食メニュー『ミナモ大好き小松菜まぜごはん』として登場しました。今回は大垣市立綾里幼保園の給食時間に取材に行きました。

 

 小松菜は、西美濃の特産です。栄養価も高く、特にカルシウムが豊富で国体の選手はもちろん、子供たちにも食べてもらいたい食材です。そこで、小松菜を小さく切り、ご飯に混ぜる分量も給食用に考えておいしい小松菜まぜごはんにしました。この給食を年長さんは、「葉っぱの味がしておいしい!」「3回おかわりしたい!」などと言いながら、ミナモが見守る中、うれしそうに食べていました。給食は、お迎えにみえる家の方にも見ていただけるように、いつもメニュー表と一緒に紹介してあるそうなので、小松菜まぜごはんが各家庭でも作ってもらえるといいなと思いました。

 

 調理員さんが小松菜の実物をみんなに見せて、食べるといいことをたくさん話してくださったことも、残さず食べる力になっていると思いました。

 

 これからも、地元の人が考えたメニューが給食などにどんどん使われるといいです。

 

※活用された応募レシピはこちらから(PDF:140KB)

 

 ミナモ大好き小松菜まぜごはん

『ミナモ大好き小松菜まぜごはん』(給食版)

 ミナモと小松菜まぜごはん

みんな、いっぱい食べてね

 ミナモも一緒にいただきます

ミナモも一緒にいただきます

 調理員とミナモ

調理員の佐藤さん(中)、臼井さん(右)説明ありがとう

 栄養士さんとミナモ

栄養士の栗田さんと