ニュース&トピックス(共通)

「おもてなし料理・菓子コンテスト」応募作品が大垣市南部・北部学校給食センターのメニューになりました!

2011年04月21日

 

  昨年10月に行われた「おもてなし料理・菓子コンテスト」のアマチュア部門に応募された、大垣桜高校の東松由希子さん(当時2年生)の作品『岐産たっぷり混ぜGoはん』が、大垣市内の幼保園と小・中学校で、4月19日の給食メニュー『岐阜産たっぷり混ぜごはん』として登場しました。今回は大垣市立赤坂小学校の給食時間にミナモが取材に行きました。

 

 2年生のクラスでは、ミナモ歓迎の言葉が黒板に書かれていました。ぎふ清流国体の話や、北部給食センター栄養教諭の伊藤先生からの今日の給食の説明をみんな真剣に聞いていました。
 ミナモも一緒にいただきますをした後、みんなで給食を食べました。「岐阜産たっぷり混ぜごはん」にはその名のとおり岐阜県産のハツシモや鶏モモ肉、れんこん、大垣市上石津産の生しいたけなどがたくさん使ってあり、具だくさんで食べごたえがあり、甘口(白みそ)の味付けでとてもおいしそうにみんなほおばって食べていました。
 
 これからも、地元の人が考えたメニューが給食などにどんどん使われるといいです。
 この「岐阜産たっぷり混ぜごはん」は、今後22日と28日にも大垣市内の幼稚園や小学校、中学校で順次給食に登場します。

 

※活用された応募レシピはこちらから(PDF:142KB)

 

ミナモがあいさつ

今日はよろしくね 

 配膳の様子

配膳の様子

 説明する伊藤先生

伊藤先生、説明をありがとう

 

混ぜごはんを持つミナモ1

いっぱい食べてね

 混ぜごはんを持つミナモ2

おいしいですか