ニュース&トピックス(共通)

情報支援ボランティア養成講座がスタートしました!

2011年07月26日

 7月18日(月曜日・祝日)から「情報支援ボランティア養成講座」が始まりました。本講座は、社団法人岐阜県聴覚障害者協会の運営により、ぎふ清流国体・ぎふ清流大会情報支援ボランティアに登録いただいた方を対象に、手話は7月から10月まで、要約筆記は8月から11月まで、順次、各地で開催されます。

 この日は、現任者(登録手話通訳者、要約筆記奉仕員等)及び聴覚障がい者の方を対象に、手話・要約筆記(手書き・パソコン)合同で瑞穂市総合センターにおいて開催。情報支援ボランティア約100名の方が受講され、ぎふ清流国体・ぎふ清流大会の概要や情報支援ボランティアの役割、ぎふ清流大会実施競技等についての講義後、種別ごとに分かれて実技研修が行われました。
 最後は、岐阜県聴覚障害者協会の水野会長が「みんなで盛り上げていきましょう。ガンバロー!」と、ボランティアの士気を鼓舞し、瑞穂会場での講座が終了しました。

 情報支援ボランティアの皆さん、「輝け はばたけ 誰もが主役」を合言葉に、ぎふ清流国体・ぎふ清流大会を一緒につくりあげましょう。ご協力をお願いします!

 

国体・大会の概要、大会開催競技についての研修をしました。

真剣な様子で講座を受講する参加者

 

ミナモも飛び入り参加!ミナモダンスを披露し、全員でミナモ体操をして、激励しました。

ミナモも飛び入り参加!ミナモダンスを披露し、

全員でミナモ体操をして、激励しました。

 

ミナモと一緒に記念撮影をしました。国体・大会に向け気運が高まってきました。

ミナモと一緒に記念撮影。

ボランティアさんたちの気運の高まりを感じました。