みなさんから寄せられた思い出

国体の思い出/田中 輝子さん(京都市)

 国体は私の青春でした。その頃は十六銀行に勤務しておりました。前年の秋「国体ブレーストーミング」と言う会議に県下の企業より男・女一名ずつが出席致しました。その会議から「岐阜県国体女性友の会」と言う会を作り活動する事になり、国体のお手伝いと参加選手の皆様に心のこもった手作りの物を差し上げようということになり会員を募集された所、沢山の方々が入会していただけました。私達は事務局の方々と各市町村にPRにも参りました。お陰で沢山の方々と一年間色々なお手伝いをさせていただきました。夏・秋の国体式典表彰係もさせていただき光栄でございました。又当時JCの会員だった兄(辻正)と一緒に国体パレードで行進した事も思い出の一つです。又その年元旦の新聞で国体事務局長さんと新聞の支局長さん私と対談させていただいた紙面が3~4ページに及び驚いたのを忘れる事が出来ません。今思うと一生の中で一番楽しい時だったと思います。一年間国体事務局と十六銀行で多くの方々と仕事して色々な経験が出来た事が今の私の元気の源と言っても過言ではないと思っております。