みなさんから寄せられた思い出

昭和40年国体の思いで/高木 茂さん(岐阜市)

 第20回岐阜国体、準備段階の選手や街中の記録映像にかかわった「岐阜国体制作グループ」会員を基に現在映像制作をしている私達ですが、乗鞍山頂での炬火、採火式からリレーのすべてを記録し、また強化選手の練習風景も映像として今も残されている、その時のメンバーも年とともに少なくなってゆく、当時は今程映像撮影が簡単でなく、8ミリフィルム映像でメンバーの資格は当時最高機「キャノンの512」というカメラ所持者で統一、時間的に都合がつく者と言えばどうしても自営業の人と制限された。
 9名で結成され、準備から国体本編に至るまでの映像が今も見応え十分で残されているのが私達クラブの誇りです。
 記録のなかに最終炬火ランナーが当時「岐阜高校生、古田現知事」であることも何か因縁を感ずるものがあります。