みなさんから寄せられた思い出

昭和40年岐阜国体の思い出/加藤 峰子さん(岐阜市)

 私の町内は、和歌山県のバドミントンの選手四名の民宿を引き受け、我が家がお宿になりました。

 私は結婚式を半月後に控えていて、お料理の先生をされている町会長さんの奥様の助手をしながら、大量の料理作りを、一週間の滞在の間しっかり学びました。

 お陰さまで、今でも大勢の料理も苦にならず、我が家には時々大勢が集まっています。

 その時の選手の方と、今まで年賀状のお付き合いが続いており、今度の岐阜国体には、47年ぶりにご招待をします。