レシピの活用をミナモが取材しました

「おもてなし料理・菓子コンテスト」応募作品が関市学校給食センターのメニューになりました!

 

 平成21年度に行われた「おもてなし料理コンテスト」のごはんの部に応募された、布施陸弥さん(当時関有知高校3年生)の作品『具だくさんかやくご飯 ふろふき大根風仕上げ』が、関市学校給食センターの協力で、6月7日の給食メニュー『奥美濃古地鶏入りかやくごはん』として登場しました。このメニューは2度目の給食活用で、今回は奥美濃古地鶏をメインにアレンジされて関市内の小学校13校と中学校7校で出されました。この日は関市立博愛小学校の給食時間にミナモが取材に行きました。

 

 博愛小学校では、ランチルームで全校そろってミナモを迎えてくれました。『奥美濃古地鶏入りかやくごはん』を食べながら、関市で行われる国体の競技のことなども説明すると、みんな一生懸命聞いてくれました。
 おいしく給食をいただいた後は、1年生から3年生のみなさんと、集まってくれた高学年のみなさんとで一緒に体育館で元気にミナモダンスを踊りました。保育園の時から踊っている人もいて、とても上手でした。

 

 これからも、地元の人が考えたメニューが給食などにどんどん使われるといいです。

 

※活用された応募レシピはこちらから(PDF:145KB)

 

奥美濃古地鶏入りかやくごはん

『奥美濃古地鶏入りかやくごはん』

 感想を聞くミナモ

みんなおいしいですか?

ランチルームの様子

国体のお話もしました 

 

ミナモとダンス1

みんなで元気にミナモダンス!

ミナモとダンス2

上手に踊ってくれました