レシピの活用をミナモが取材しました

「おもてなし料理コンテスト」最優秀賞作品が郡上市白鳥学校給食センターのメニューになりました!

 

 平成21年度に行われた「おもてなし料理コンテスト」で最優秀賞になった、足立充弘さん(岐阜グランドホテル)の作品『古地鶏の味噌焼き』が、郡上市白鳥学校給食センターの協力で、6月8日の給食メニュー『古地鶏のみそやき』として登場しました。白鳥町内の小中学校で約1225食出され、今回は郡上市立北濃小学校の給食時間にミナモが取材に行きました。

 

 北濃小学校1年生のみなさんは、ミナモの突然の登場に始めはびっくりしていましたが、ミナモと握手をしながら「『古地鶏のみそやき』おいしい」と声をかけてくれました。みんなニコニコ顔で残さず食べていました。
 栄養教諭の白瀧先生は「地元食材の郡上味噌を使って子どもたちの好きな鶏肉を味噌焼きにし、給食を通して国体を応援しよう」という思いを込めて、《ぎふ清流国体おもてなしメニュー》としたことを話してくださいました。
 お昼の放送でも、国体おもてなしメニューとして紹介してくれていました。全校がおいしく食べてくれるといいなと思いました。

 

 これからも、地元の人が考えたメニューが給食などにどんどん使われるといいです。

 

※活用された応募レシピはこちらから(PDF:149KB)

 古地鶏のみそやき

『古地鶏のみそやき』

 1年生教室の様子

おいしいですか?

 ミナモと握手

いっぱい食べてね!

 

郡上市白鳥学校給食センターのみなさん

郡上市白鳥学校給食センターのみなさん

 ぎふ清流国体おもてなしメニュー

《ぎふ清流国体おもてなしメニュー》