レシピの活用をミナモが取材しました

「おもてなし料理・菓子コンテスト」応募作品が土岐市の学校給食メニューになりました!

 平成22年度に行われた「おもてなし料理・菓子コンテスト」のごはんの部に応募された、安江美奈さん(当時坂下高校1年生)の作品『ハムライス』と、おかずの部に応募された、丸山智子さん(当時瑞浪高校3年生)の作品『鶏もも肉のソテー バルサミコソース』が、土岐市学校給食センターの協力で食育の日のミナモおもてなし献立として2月20日の給食献立に登場しました。
 この日は土岐市内の幼稚園7園と小学校9校、中学校6校でおよそ5800食が配食されました。ハムライスの枝豆と、バルサミコ焼きで使われた鶏肉には県産品が使われました。
 ミナモは今回、土岐市立肥田小学校附属幼稚園に取材に行きました。

 

 肥田幼稚園51人のみなさんの「ミナモー!」の元気なかけ声で登場したミナモと一緒に、ミナモ体操とミナモダンスを大きな声で歌いながら楽しく踊りました。クイズにも挑戦して、土岐市で行われる国体の競技を、ミナモの身振りをヒントに答えることができました。給食の時間はミナモへの質問タイムで大盛り上がりでした。『ハムライス』と『鶏肉のバルサミコ焼き』も大人気で、「おいしいからもう食べちゃった。」「ぼく、一口で食べれるよ。」とモリモリ食べる姿をミナモにアピールしていました。
 土岐市で行われるソフトテニスとウエイトリフティングにも、みんないっぱい応援してくれると嬉しいなと思いました。

 

 これからも、地元の人が考えたメニューが給食などにどんどん使われるといいです。

 

※活用されたレシピはこちらから(PDF:170KB)
※活用されたレシピはこちらから(PDF:137KB)

 

 『ハムライス』(給食版) 

『ハムライス』(給食版)

 『鶏肉のバルサミコ焼き』(給食版)

『鶏肉のバルサミコ焼き』(給食版)

 ミナモダンス

元気いっぱいのミナモダンス

 モリモリ給食

みんなモリモリ食べてね。

 質問タイム

いっぱい質問してね。