ミナモ運動活動レポート

関市 関商工高等学校の皆さんが「ぎふ清流大会」アーチェリー競技の的台製作をしました!【ミナモ運動】

関市立関商工高等学校の建築工学部建築工学科建築類型の生徒10人が、「ぎふ清流大会」アーチェリー競技において使用する的台の製作をしています!

 

この取り組みは、岐阜県アーチェリー協会からの「大会終了後にも地元に残る形で競技用具を整備したい」という提案により、「ぎふ清流大会」アーチェリー競技が開催される地元関市の同校に製作を依頼したものです。

 

 

 

 

 

岐阜県産材のヒノキを使用して製作されるこの的台は、平成24年3月末までに35台を完成させる予定です。

 

製作された的台は、今後、ぎふ清流大会リハーサル大会(平成24年6月)及び本大会のアーチェリー競技で活用されます。

 

ミナモ「関商工高等学校の皆さんが技巧を凝らして製作された的台は、選手の皆さんにとってより良い結果を出すためのパワーの源となるでしょう!リハーサル大会や本大会で活用されるのを楽しみにしています!」