岐阜県の紹介

岐阜県民の歌

 昭和40年に岐阜県で開催された第20回国民体育大会(昭和40年国体)当時も、県内で盛んに歌われていた「岐阜県民の歌」ですが、昭和40年国体と平成24年に開催されるぎふ清流国体・ぎふ清流大会をつなぐ歌となるように、また、世代間を結びつける歌となるようにと、サニーサイドインターナショナル幼稚園の園児の皆さんが歌ってくれました。

 

音源はこちら

 

 ■MP3ファイル

(2.29MB)

 ■WMAファイル

(2.23MB)

 

 

岐阜県民の歌(作詞 永縄 半助  作曲 服部 正)

 

一、
  みどりをそめて 朝の日が
  高い梢に ゆれている
  嶺から嶺へ 小鳥もよんで
  岐阜は木の国 山の国
  伸びる希望を うたおうよ

 

二、
  つづく平野の 雲遠く
  虹の七いろ もえている
  村から街へ 生気に映えて
  岐阜は野の国 幸の国
  力むすんで はげもうよ

 

三、
  名所史蹟に 風かおり
  花ももみじも 鵜かがりも
  かがやく文化に 色そえながら
  岐阜は詩の国 水の国
  はずむ心で 進もうよ

 

 

その他楽譜については、岐阜県庁ホームページ 岐阜県の紹介のページでご紹介しています。(詳しくはコチラ