TOP > 全国障害者スポーツ大会とは

全国障害者スポーツ大会とは

全国障害者スポーツ大会は、障がいのある方が競技を通してスポーツの楽しさを体験するとともに、国民の障がいに対する理解を深め、障がいのある方の社会参加の推進に寄与することを目的とした障がい者スポーツの祭典です。
大会は3日間の会期で開催され、全国から都道府県・政令指定都市の選手団が参加します。
 

主催者

厚生労働省、公益財団法人日本障害者スポーツ協会、開催地都道府県・政令指定都市等の共催による開催です。開催地の代表は都道府県です。

 

大会の歴史

全国障害者スポーツ大会は、それまで別々に開催されていた「全国身体障害者スポーツ大会」と「全国知的障害者スポーツ大会」を統合して、平成13年に第1回大会が宮城県で開催されました。
以降、オリンピック終了後に開催されるパラリンピックのように、毎年、国民体育大会終了後に開催されています。
また平成20年に開催された第8回大会(大分県)から、精神障がいのある方のバレーボールも正式競技となり、身体・知的・精神の障がいのある方が一体と なって行うスポーツの祭典となっています。
平成24年開催の岐阜県での大会が第12回大会となります。

 

大会の歴史

 

回数 開催年度 開催県 大会の愛称 大会のスローガン
第1回 平成13年 宮城県 翔く・新世紀みやぎ大会 感動体験2001
第2回 平成14年 高知県 よさこいピック高知 見つけて夢!活かして力!
第3回 平成15年 静岡県 わかふじ大会 静岡で かなえよう夢! つたえよう感動!
第4回 平成16年 埼玉県 彩の国まごころ大会 ともに感動!ともに笑顔!
第5回 平成17年 岡山県 輝いて!おかやま大会 あなたがキラリ☆
第6回 平成18年 兵庫県 のじぎく兵庫大会 はばたこう ともに今から ひょうごから
第7回 平成19年 秋田県 秋田わか杉大会 きっと出会える!夢と感動
第8回 平成20年 大分県 チャレンジ!おおいた大会 笑顔、元気、ともに未来へ 新たな一歩
第9回 平成21年 新潟県 トキめき新潟大会 トキはなて 君の力を 大空へ
第10回 平成22年 千葉県 ゆめ半島千葉大会 ゆめ半島 みんなが主役 花咲く笑顔
第11回 平成23年 山口県 おいでませ!山口大会 君の一生けんめいに会いたい
第12回 平成24年 岐阜県 ぎふ清流大会 輝け はばたけ だれもが主役