開催競技 (オープン競技)

脳性まひ者7人制サッカー

 脳性まひ者7人制サッカー

脳性まひ者7人制サッカーは、パラリンピックの正式種目にもなっている競技です。競技者は、脳性まひ・脳血管疾患や脳外傷などにより身体に障がいがある方で、国内ではCPサッカーとも呼ばれています。
1チーム7名、オフサイドがない、片手でのスローインを認める、フィールド・ゴールの大きさが11人制サッカーより小さくなっている等、FIFAのルールに一部修正が加えられています。
※CPとは英語の「Cerebral(脳からの)Palsy(麻痺)」の略です。

■競技会会期

市町名 10月
13
(土)
14
(日)
15
(月)
岐阜市  

 


■競技会場はこちら
■競技一覧に戻る

 

 

競技結果

 

結果