ミナモ運動活動レポート

下呂市 下呂市ミナモダンシングチームが「森の宝島」で活躍しました【ミナモ運動】

 2月27日(日曜日)、ぎふ清流国体のハンドボール競技とソフトボール競技が行われる下呂市で行われた子育て応援イベント「森の宝島」に、下呂市ミナモダンシングチームが活躍しました。

 

 会場の下呂交流会館には、約3000人の方が集まりました。

 場内には、工作や体操といった「体験&遊びのコーナー」、ダンスや楽器の演奏を楽しむ「聴く・見るコーナー」、そして軽食やスイーツなど美味しいものがいっぱいの「食のコーナー」など親子が一緒に楽しめるメニューがそろっており、とても賑やかな様子でした。

 

 下呂市ミナモダンシングチームはステージイベントに登場しました。この日は県のミナモチームと一緒にミナモ体操やミナモダンスを行い国体をPRしました。ミナモダンシングチームはクイズを交えながら国体の概要や下呂市開催種目を楽しく説明して会場を沸かせました。

 

 会場のみなさんと一緒に行ったミナモダンス・ミナモ体操では、保育園や小学校でミナモダンスを経験しているちびっこはもちろん、来場されたみなさんが一体となって盛り上がりました。

  

 ミナモは、下呂市ミナモダンシングチームのみなさんが、地域のみなさんと一緒にミナモダンス・ミナモ体操を楽しんでいることを嬉しく思いました。

                  

下呂市ミナモダンシングチームと県ダンシングチームの様子

下呂市ミナモダンシングチームと

ミナモダンシングチームが

一緒に国体をPR 

 

ミナモ体操の様子

ミナモと一緒にミナモ体操